妻が出る希望や玉ねぎなどが出る希望

野望を2お日様連続で見ました。我々は、寝ているシチュエーションでした。そして女子だったと思うんですが、起こしてきました。誰の呼び名かは覚えていませんが、誰かが亡くなったよと言ってきました。我々は、とにかくドッキリも無く安心でした。寝ている夢の意図は、現在の満ち足りたシチュエーション、安らかな怒り、安堵への熱望、死への熱望、リアルからの逃避熱望、肉体的・内消耗、キャパが眠っているシチュエーションだそうです。あとは、なぜか分かりませんが玉ねぎが出てきました。玉ねぎの野望を見た意図は、皮ばかりで実の無い玉ねぎは、正味が分らないシチュエーションあるいは実の薄い宣誓を暗示しています。 また、泣いた後に怒りを抑えることも暗示しています。 玉ねぎの皮をいつまでも剥き積み重ねる野望は、正味が分らない状態や実の弱い宣誓の可能性が高くなります。女子の野望を見た意図は、子育て本能、自ら犠牲、肉親との一体、倫理、生成チック認識、受容性、慈しみ、フレキシビリティ、感情的な正誤、助太刀などを意味するそうです。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/

9月25日は阪神甲子園球場にDeNAと阪神戦を観戦

9月25日は阪神甲子園球場にDeNAと阪神戦を観戦に行きました。新大阪駅前のホテルに宿を取り、そこからJR神戸線にのり西宮で乗り換え甲子園口で降りました。そこからバスで220円で甲子園球場前に行き、球場入りしました。取引先のお客さんが阪神ファンで年間指定席を会社で購入しているらしく4月にも一緒に観戦しました。私はDeNAファンですが、20年来の付き合いで正直DeNAは横浜時代から阪神との相性が悪く、弱小球団だったので、私に対して嫌な感情がなかったのでしょう。野球の話で昔から盛り上がっていました。席はバックネット裏3塁側よりでスタンドやや上段の位置で、選手は小さくなりますが、それでもプロ野球の迫力が十分に伝わる座席でした。阪神は2位がほぼ確定していますが、DeNAは巨人と熾烈な3位争いをして負けるわけにはいきません。観客は試合前はまばらでしたが、試合開始と同時に外野はほぼ埋まって行きました。阪神岩田先発で試合開始でしたが、直球に勢いがあり、あっさりと三者凡退で1回表は終わりました。筒香まで振り遅れての三振だったので、今日の岩田の状態の良さを感じさせました。1回裏DeNAのウィーランドは不安な立ち上がりでした。2番上本にセンターに弾かれ、すかさずに盗塁を許し3番福留四球といきなりピンチでした。それでも何とか抑えますが、2回も盗塁を許すなど序盤は付け入るスキが多かったような気がします。それでも阪神打線が捉えきれない間に3回DeNAはウィーランドがセンター前に放ち、続く倉本がセンターへのポテンヒット、これはセンターの中谷の守備が深すぎました。無理にスライディングキャッチに行ったためにチャンスが広がりました。桑原も続きDeNAが先制しました。その後はウィーランドが完全に立ち直り、6回にはロペス、宮崎の連打の後、嶺井がセンターオーバーを放ち完全に主導権を握りました。後半も攻め続け宮崎のソロと9回は筒香がチャンスで登場一発狙っている構え見せ見事にライトスタンド中段に突き刺しとどめの一発を放ちました。ウィーランド投手がカーブをうまく使いながら、直球勝負をして緩急が効いた投球で7−0で完封勝ちしました。私にとってはうれしい勝利ですが、少し気まずい雰囲気ながらも勝利の余韻に浸りながらホテルに戻りました。しかし巨人も必死で勝利を重ねていますので混沌としています。勝負に生きる選手を生で観戦してこちらも生きる活力をもらった甲子園球場でした。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/

俳優のようにお客様が多い世界で生きている人達は各週のように人の死が傍らでしょうね

私達一般の大衆は私と近距離の死はとりあえず、所詮多くても階層に2,3回で、通常は何年も葬式なんて行かないし、行っても階層に一括だ。ほんと、日々会って掛かるような人の死はそれほどありません。だからちょいちょいそういう人の死があると、長らく何年も信じられないで要る状態です。頭からも数ヶ月は離れないですし。ヤフーのトップニュースを見ていると、日々とまでは行きませんが、再三芸人や大物が死んでいらっしゃる。常に芸能界で高齢のあなたはとうにほんと各週のようにゲストが死んでおる実情なんでしょうね。それで各週のようにお葬式に行っているのでしょうね。私達大衆はお葬式なんて滅多にない結果人の死はなかなかないことですが、芸人などとなると人の死が著しく傍でしょうね。年がら年中、悲しんでおる実情でしょうね。次から次へとこう奴が死んで行くのを見ていると。特にその代わり、ゲストのブライダルも私達以上に頻繁にあるでしょうけど。何が言いたいかって、各週のように近距離が死んでいっている心理実情がどういうものなのかなあと。

お墓参りではなくお墓保全に行ってきました。

この時期だからお墓まいりとは行かず、お墓保守に行ってきました。どういうことかというと、墓石には誰の遺骨も入っていなく、ただ墓石を洗顔に行っているのです。というのは夫人は今回70年代になろうと始める年代ですが、とうに15年齢前に自分の混じるお墓を買ってしまったからだ。思い切りやつの夫人で、今回、頑張れるうちに何でも準備しておくという所見で買ったのです。あたしはそのとき、まだまだ早すぎると言ったのですが、そんなこと聞きいれもせずに。今となっては幾らか早すぎたんじゃないのと思っていますし、きっと本人もそう思っているのではないでしょうか。口では言ってませんが。意外とそれぞれを年取らせなくてもいいのにと思います。こういった所見をすればいくらでも老け込んで仕舞うし。普通、4カ月おきに墓保守にあたしは行くのですが、もうこれがかなりの担当ですね。墓地でもマキシマム一部にあるので、バケツに水を汲んで二つ持ち歩くのも面倒です。何回か往復もしますし。お墓の真上には大木があり、その枯れ葉も凄まじい数量だ。果たして恐怖で大変です。これを更に終始今後もやっていかなければいけないのです。あたしが死ぬまで何十年齢も。