競泳のインカレで薬物違反で拡散しつつあるドーピング問題

競泳の日本学生選手権で自由形短距離に出場した男子選手から禁止薬物の陽性反応が出たそうです。原因として考えられるのが海外からのサプリメントだそうで、このサプリメントは先の国体自転車競技に出場して同じく禁止薬物の陽性反応がでた選手が使用していたものと同じもののようです。これだけドーピングが問題視されていることで、トップ選手はかなり気を使って摂取するものを選別しているようですが、そうでない選手たちは、スポンサーがついているわけでもないので資金力があるわけでもなく、独学で禁止薬物に関する知識を学ぶこともなかなか難しいことだと思います。サプリメントなども高額なものも多く、より安価で入手できる海外製のものに頼りたくなる気持ちも理解できます。現在陽性反応の出たサプリメントは公表されておらず、このまま放置すればどんどん被害が拡散することも考えられます。本気で禁止薬物の除去を考えるのであれば、スポーツ選手が摂取しても大丈夫だというような認可機関などを設立し、そこの認可を受けたものであれば大丈夫というようなことにしてあげた方が安心して競技に打ち込めるのではないかと思います。いずれにしろ何らかの対応が必要になってくるのではないでしょうか。